◆居宅介護支援事業所◆

居宅介護支援とは、介護支援専門員(ケアマネージャー)が訪問し、ご利用者および

 

ご家族のご希望を十分にお聴きし、大切な事柄の見極めを行なった上で、最適なケア

 

プラン(居宅サービス計画書)の作成を致します。

 

また、作成されたケアプランに沿ったたサービスが提供されているか、サービス提供

 

者に対し実施状況の確認等も行ないます。

 

その他にも要介護認定申請の関係する便宜のご提供も行なっております。

坂井地区医師会館の2階に事務所があります。

 

管理者は 飛田まゆみ スタッフは、主任ケアマネージャー2名・ケアマネージャー2名の4名です。

 

*営業日 月曜日~金曜日(祝祭日・8/15.16 12/30-1/3除く)

 

*営業時間 午前9時~4時(利用時間は相談応ず)

 

*24時間電話対応(急な相談ごと、緊急の対応させて頂きます)

☆居宅介護支援事業所の役割

1. 相談、初回訪問

 

   介護に関する相談の依頼(電話、来所、訪問など)

 

   があった家庭・病院・施設などを訪問し、

 

   在宅介護や福祉サービス等の相談を承ります。

 

   また、介護保険更新申請に関する書類の作成や申請の

 

   代行も行います。

2. ケアプランの作成を行います。

              (居宅サービス計画作成)

 

   ご本人・ご家族の状況を十分に確認して

 

   一緒に最適なサービス計画を作成します。 

3. サービス担当者会議

 

   ご利用者にサービス事業所を紹介し希望に合った事業所を選定します。

 

   サービス事業所の担当者やご利用者・ご家族などの関係者を集め、サービス

 

   担当者会議を開きます。ケアマネージャーは会議を取りまとめ、ケアプランの

 

   検討や確認、情報共有を行います。


4. 継続したサービス状況の確認(モニタリング)

 

   ケアプランに沿った介護サービス開始後は、定期的に

 

   要介護者の自宅の訪問し、ご本人の体調やサービスの

 

   状況を確認します。目標が達成出来ているか?

 

   サービスがきちんと提供されているのか?確認しなが

 

   ら相談・調整して行きます。

ホームに戻る